ロレックス関連記事

ロレックスが人気となった理由と今後

いま最も人気がある腕時計と言って良いロレックスですが、ふと「なぜ?」って思うことがありませんか?

時に定価の数倍の価格で売られることももはや当たり前、正規店には長蛇の列、「金や不動産と並ぶ資産」と評されることも。その現象が長く続いているのでほとんどの人がもう不思議にすら思わなくなっているのかもしれませんが、最近ロレックスから少し距離を取り現象を冷静かつ客観的に見ている私には時に不思議(滑稽)に思え、その要因を勝手に考えています。もちろんそれが予測できていれば、10年前に借金してでも買えるだけ買ってると思いますので、今更感はいなめませんけど、もしかしたら今後の傾向も見えるかもしれません。

1 なぜロレックスの価値が明確になった?

私の記憶では2008年頃まではヴィンテージ以外は並行店で定価以下で買えていたんです。正規店でもお得に買える方法がありましたし、そもそも定価ももっと安かったです。並行で安かった証拠写真は下。

変な偽物の広告ではありません。当時の並行新品の価格です。

しかし2012年私がロレックスを買おうと思い立ち正規店を訪れるとそこにあったプロフェッショナルモデルはエクスプローラーⅠとデイトナのコンビのみ。そこでエクスプローラーⅠを購入したのですが、その時点でもう「異変」は前から始まっていました。何があったんでしょう?そうなんです。この間にあったあるきっかけとなる大きな出来事、それは「リーマンショック」しかありません。

リーマンショックとは「アメリカ合衆国で住宅市場の悪化による住宅ローン問題がきっかけとなり投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが2008年9月15日に経営破綻したことにより、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的に呼ぶ日本における通称である。」(Wikipediaより引用)

この金融危機でドル安が加速、日本でも日経平均株価も26年ぶりに6000円台の安値を記録していますが、逆に金相場は2008年から2011年の3年間で約倍になっています。ここでお金や株への信頼が揺らぐとともに、金(ゴールド)はもちろんロレックスの資産価値が認識されたのでしょう。実際にリーマンショックの影響で倒産しかけた会社社長が、コレクションしていたヴィンテージのロレックスを全て売り会社の倒産をなんとか乗り切ったという話を複数聞いたことがあります。

とは言ってもこの後も在庫は少なかったものの、正規店に多いて長蛇の列までは見たことがありませんでした。

最近の正規店の長蛇の列を見るようになったさらなるロレックス人気のきっかけは、昨今のコロナ感染症の流行です。これまでアパレル、旅行、飲食に流れていたお金は、コロナをきっかけに株などの投資、安定資産である金、高級腕時計などに流れたのです。「お金使うことがないからとりあえずロレックス買っとけば損しないし。」とか「出かけられず暇になったし、今のうち転売して儲けたい。」という考えを同時に多くの人が抱くようになったことにより、パテックやロレックスの正規店で人気のモデルが買えない現象を決定的に巻き起こしたのです。

ブランド側も増えすぎてた需要に対しても、戦略的にかつ冷静に敢えて供給を増やさなかったこともこの以上現象を加速させる一因になっていますが、パテックはともかくロレックスならば生産数を増やすことはそこまで難しいことではなかったと思います。しかしそこは創業当時からのマーケティング戦略が上手いブランド、ロレックスだけあって、一時の利益より長い目で見た利益をとったのでしょう。ブランド力を上げることで強気な値上げをしても買い求める人は後を絶たないからロレックスにはまさに狙い通りなのでしょう。

2 なぜ人気がある?

人気があるのは誰でも知っていますが、なぜかというといまいちピントこない人もいると思うので、改めて考えてみます。

①普遍性

オイスターケース、デイトジャスト、パーペチュアルムーブメントの三大発明をベースに時代に合わせた最小限のアップデートで基本的なスタイルを変えていない、一眼でロレックスと分かる外見は機能美が具現化したものです。その機能的かつミニマムな外観から、合わせる服装を選ばず、どんな年代の人でも違和感なく装着できる普遍性こそがロレックスの大きな魅力の一つでしょう。つまり老若男女問わず幅広い客層に憧れられる存在なのです。

②実用性の高い資産

時計として使えるうえに高い資産価値を持つロレックスはタンスに入れておかずに普通に使えて価値が落ちない数少ない腕時計と言えます。また万が一海外で財布を無くしてもロレックスをしていれば日本に帰ることができる保険として敢えてロレックスを着けて海外旅行に行く人も。でも最近価値が上がりすぎたせいで逆にロレックスを狙われ腕を切られる?なんて物騒なリスクもうわさされることも。このように現金に次ぎ金と並ぶほどの資産価値が全世界で認められている数少ない腕時計なのです。

③売りやすい、現金化も容易

買取店も欲しいから時に客引き商品として利益がほとんど出ないような額でも買ってくれることがあります。そのたあらゆる場所で売りやすいロレックスはすぐに現金化できるとっても売りやすい時計です。よくメルカリなんかのフリマサイトで少々マニアックな時計が定価の90%以下の価格でもなかなか売れずに出品者が売却に苦労している様子が伺えるケースを目にしますが、ロレックスではそんな心配は皆無なのです。

④わかりやすく高いステイタス性コスパ

高級腕時計で一番高い知名度を持つであろうロレックスは腕時計好きじゃなくても誰もその名前はもちろん高価な時計であることが広く知られています。つまりどこに行っても、だれに見られても「あ、ロレックスしてるんですね、良い時計してますね。」と承認してもらえるので、ロレックスしてて良かったと思える瞬間が他の時計と比べて非常に多いです。世界最高峰のパテックだって、三大時計のAPだって、バシュロンだって知名度ではロレックスに敵いません。私もロレックスをしている時には行く先々でこえをかけられましたし、一定以上のステイタス性を感じることができていました。でもいますメインで使っているブランパンをしていても一度も声などかけられたことはありません。まあわかっててそこも含めて好きなんですが、おいおいこっちは世界最古のマニュファクチュールブランドだぞーって言いたくなります。そこらへんに関してもロレックスのコスパは高く所有者は高い満足度を得られるのです。

⑤ブレないブランド姿勢とアイコニックなモデルたち

全体を見ても一眼でロレックスとわかる外見ですが、気を衒ったモデルなどは一切存在しません。ムーブメントについてもあくまで実用の範囲で、無駄な装飾、バックスケルトンも存在しません。(過去に一度だけありましたが)ブランド全体だけではなくモデルごとのコンセプトにもブレはなく、例えばサブマリーナは1950年台に発表された初代からその外見及びコンセプトはほとんど変わっていません。一貫した信念をブランド、各モデルからも感じることができるので、消費者は安心して指名買いができるのです。久しぶりにロレックスを買いに行ったら、サブマリーナにクロノグラフが追加されていた!なんてことは他のブランドなら大いにありそうですが、ロレックスではむしろありえないことなのです。クロノグラフはデイトナ、ダイバーズはサブマリーナとブランド内でも分業が明確にされていて、それは揺らぐことがないのです。(敢えていうならエアキングはちょっと少々ブレる微妙なコンセプトだけど。)

3 なぜみんなロレックスマラソンをする?

なぜって欲しいからでしょ?そうなんですけど、一番はロレックス自体がそれを許しているところがポイントだと思います。パテックはいくらマラソンをしても平民(笑)には売りません。つまりマラソンをすることで買える時計だから皆さんがマラソンをするのです。ある意味努力に報いてくれる良心的なブランド?なのです。

超人気のロレックスが未だに忖度なし(本当はあるのかもしれないが)の早い者勝ち方式を採用し続けるのは、元々の姿勢「いいものをより多くの人に」と言ったフランドだからで、言わば平等の象徴です。さすが労働階級の最高峰と言われるだけあって、労働者にも均等にチャンスをくれるところが、貴族階級の時計パテックとの違いなのでしょうか。未だにパテックは堂々と忖度方式を謳っていますから誰にでもしてほしいとはパテックは思ってないのでしょう。「選ばれた人にこそ最高峰を」と言った考え方です。

4 いつまで続く?

ロレックスの価格が下落する予兆はこんなことがきっかけになると考えています。

  • 金の価格が下落する
  • 海外旅行の人気が復活する
  • アパレル業が好調となる
  • 飲食業が好調となる

○コロナの収束→お金の使い道がこれまで通りになる→にわか時計ファンが減る

これも大事です。

しかし、今回のコロナが教訓として残るはずなので、もうしばらくは続く気がします。最低三年は大きな下落はないと思っていますので、私にとっては今はロレックス以外を楽しみたいと思っています。ちなみにやはり今後もデイトナ、サブマリーナ、GMTマスター、エクスプローラーⅠは強いでしょう。エクスプローラーⅡ、ミルガウス、エアキングは少々流動的存在なので次のモデルの出方に左右され上にも下にも変動が大きそうです。そして素材の人気度ははもちろん、ステンレス>コンビ>金無垢(WG)>金無垢(YG)は不変でしょう。

5買いか買いじゃないか?

ロレックスを買うべきか今は買わない方がいいか?これに関して私の考えは明確です。

正規店なら買い!プロフェッショナルなら迷わず買えばいい。その他でも買って損はなし。

非正規なら買わない!ロレックスに固執せず、他にもいい腕時計は他にもたくさんある!

非正規店におけるプレミア価格は異常な価格であることを冷静に考えると個人的にはお勧めしないのが本音です。



ABOUT ME
すんすん
高校生の時に図書館で「男の一流品図鑑」を見たことがきっかけとなり、以降時計収集の趣味に目覚める。これまで所有した機械式腕時計は100本以上。過去の成功や失敗を生かし「後悔しない時計選び」をアドバイスさせていただきます。 ・古物商資格(時計・宝飾品石商) ・潜水士

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です