ロレックス関連記事

世界情勢によりロレックスバブルついに崩壊で相場暴落か?

世界経済が不安定となる中、ロレックスの相場にも影響が出ています。それを危惧してか最近では買取自体をためらう並行店も多いようです。

ことを契機に長年続いたロレックスバブルはついに崩壊するのでしょうか?そしてそのことは本当にロレックスを欲しがっていた人たちにとっては逆にチャンス到来となるのでしょうか?

ロレックス相場が下がり、正規店で買って並行店で売っても利益が出にくくなれば、転売目的、投資目的でロレックスを求める人口も自ずと減ることが予想され正規店での正規店における入手のハードルも幾分か下がる期待が持てますし、相場の下落により並行店における販売価格が下がるかもしれません。

並行店のロレックスも少々飽和状態気味

ある買取店の方から聞いた話によると、「今年に入ってから徐々に在庫が飽和状態になり始め、ロシアのウクライナ侵攻でそれがさらに顕著になりつつあります。できるだけ同じモデルを同時に在庫したくないので、買取額を徐々に下げ初めています。」そうです。確かに最近の並行店では価格こそ超高額で売られているも、在庫は豊富でほとんどのモデルは複数本あるような印象を受けていました。

金(ゴールド)=ロレックスではなかった。

金の価格は過去最高値を更新しましたが、金に次ぐ安定性とも囁かれたロレックスはどちらかというと信頼性の高い株的な存在だったのかもしれません。

今は買ってはいけない?今狙うべきは何?

さすがにプロフェッショナル等の人気モデルであれば、定価を割る事はこの先もまずないでしょうから正規店であれば買って良いと思います。しかし最悪の事態(定価割り)を考えて、あくまで自分で使う欲しいモデルを狙い購入するようにしましょう。

並行店の価格は今後も下がり続ける可能性が大きいのであまりお勧めしません。

買うべきモデル

もちろん自分の欲しいモデルを購入することをお勧めしますが、この先レアな存在になり得るのは、

・ミルガウス116400GV

・エアキング116900

が高い可能性を秘めています。

どちらもロレックスの中では異端児的存在な個性的なデザインで、

数年前から絶版orモデルチェンジが噂されるもなかなかその時が訪れない両者ですが、来年初頭の発表次第では価格が大きく変動すると考えられています。

・絶版→大幅に上がる

・大きくモデルチェンジ→大幅に上がる

・ムーブメントの変更程度→横ばいか下落

・何も変わらない→ますます期待が高まるが横ばい

と予想されます。

しかし、両者ともにロレックには珍しい個性的かつキープコンセプトでムーブメントのみ変更とは考えにくいので、この個性的な2モデルが好きな方は積極的に狙いに行って良いと思います。いずれにしても入手困難なモデルではありますが。

ABOUT ME
すんすん
高校生の時に図書館で「男の一流品図鑑」を見たことがきっかけとなり、以降時計収集の趣味に目覚める。これまで所有した機械式腕時計は100本以上。過去の成功や失敗を生かし「後悔しない時計選び」をアドバイスさせていただきます。 ・古物商資格(時計・宝飾品石商) ・潜水士

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です